カットの疑問(早良区の美容室プレザンス) 


あなたの聞きたかった事がここではきっと見つかります!!
  

カット/cut

■カットに関しての質問・疑問■

:美容院で軽くしてもらうと、スカレ過ぎるのですが・・・ A: 軽さを出すために『 髪を梳くこと 』はとても大切です。 ただ、デザインのために形を作ることと 量感や質感を調整することは別物なので イメージ重視だけでどんどん削いでいくと 色々な不具合が生じてきます。 カットに不満を抱えている場合は 本当はこれでは解決できません。 ぜひご相談ください。 :骨格補正のカットとはなんですか? A: 日本人の頭部骨格の特徴によって出てくるマイナス面を カットの際に意識して補正していくものです。 ロングでもショートでも骨格の影響でスタイルの バランスが悪くなってしまいます。 これは型通りのカットプロセスを追うだけでは 解決することが出来ません。 ぜひご相談ください。 :レザーでカットされたくないんですが・・・ A: 当店ではほとんど全てシザー(ハサミ)だけでカットします。 レザーは切り口が、ななめになるため軽い仕上がりになり、 また長さと量感を同時に調節できるため非常に重宝な カット方法です。 ただダメージとの兼ね合い等からケースバイケースで 慎重に行う必要はあります。 ※レザーカットを否定しているわけではありませんので  要望があれば当店でも全てレザーでカットすることも可能です。 :髪が乾いたままでカットすることはあるのですか?・・・ A: 最終的には乾いた状態で調整しますが はじめはウェットでカットを行います。 髪を濡らすことによって お客様がブローした時のクセやセット剤が取れ 本来の髪の状態や毛流れがわかります。 これにより濡れた時と乾いた時の長さが違う 『 収縮率の高い髪 』も同一条件に出来ます。 また濡れたことによって頭骨の形や張り方が 正確にわかります。 この状態でカットすることで正確なカットが出来ます。 この後に乾かすと髪の収縮が出るため、さらにその誤差を 微調整します。 もしも『 ドライカット 』を本格的に行うとすれば 一度完全に濡らしてから毛流に沿って自然に乾かし ニュートラルな状態にしてから丁寧に行うべきと思われます。 ご来店時のままの乾いている髪をいきなりカットする という事は、正確なカットもデザインも骨格補正も 出来ないことになるので当店ではしておりません。 :ショートで似合う長さというのはあるんですか? A: もちろんあります。 前から見た状態だけでも複数の似合うラインが存在します。 またサイドビューのシルエットによっても様々に変わりますので お気軽にご相談下さい。 :アイブロー(眉毛)のカットもできますか? A: もちろん出来ます。 現在は法律の関係で百貨店の化粧品コーナーなどで 眉をカットすることは禁じられています。 当店では書き方や眉を作る時のバランスなどをレクチャー しながら眉カット行っています。 お気軽にどうぞ   : 伸ばしている時もカットした方がいいですか? A: いいと思います。 伸びてくると、ヘアスタイルの色々なポイントが 変化していくことで微妙におかしくなっていきます。 見た目の長さを変えなくてもこれを調節することで 扱いにくさを解消できます。 来店時にご相談下さい。
【Copyright(c)2007 ”Hair&make/プレザンス”All Right Reserved.】