美還元・後の乾かし方(早良区の美容室プレザンス)
 

当店では 美還元トリートメントの施術後の当日は 整髪料は使わずにお客様の目の前で乾かして 髪質の変化を見て頂いております。 普段のお客様のケアにおいては 多くの方が勘違いしていて、使っておられ ますが実は使わない方が良いものもあります。 何がベストかは、当店でご説明して 最適なアドバイスをいたします。 ドライヤーを頭から離した状態で ドライヤーを持っていない方の手を動かしながら 根元にしっかり風を入れていきます。 ドライヤーを動かさずに、髪に近付けて 1か所を急激に乾燥させるような乾かし方をすると 1本1本の毛髪の外側と内側の乾き具合の差が開き キューティクルがそり返ってエッジが 浮き上がる現象が起きます。 髪を乾かす時に ドライヤーを振ったり、動かしたりする必要が あるのはこの現象を防ぐためです。 キューティクルを守るためにも熱が片寄らない ように頭全体をまんべんなく乾かしましょう。   毛流れに逆らわないよう 髪全体を左右や斜めに色々 前後も全て乾かします。  に指を動かして乾かし             つむじも丁寧に乾かします。 毛髪は濡れていると、水素結合がはずれることにより 髪の強度が下がるため、乾いている時と比べて 髪が柔らかくなり小さい力でもキューティクルが 削れたり剥がれたりしてしまいます。 ダメージ毛ほど水分量が多く乾きにくいので これを湿気を残したままにしておくと更に ダメージしやすくなります。 髪を濡れたままにしておかない事、強度を上げるため 傷んでいる髪こそしっかりと乾かすことが重要です。 低温・冷風で髪を乾かした時に 髪が潤ったかのように感じている お客様もいらっしゃいますが 実は髪に残った湿気により指の温度が下がるのを 潤いと誤解してしまっているだけです。 また、 ドライヤーの口から出る風の温度が 120度なのでこれを髪に当てると 髪が傷んでしまう...というような 『完全に間違えた理論』 が一人歩きしているのも見かけます。 120度の風を当てても、髪の毛の温度が 120度には・・なる訳がありません。 ドライヤーの口の温度が120度でも髪まで いくらかの距離があるだけでその間の空間の 空気を挟んで吹き付けるため温度が下がります。 これにより髪に接する部分の温度は80〜90度 前後になりますから口で計測した温度にとらわれても 意味は全くありません。 そもそも髪が濡れてるので120度の風を 当て続けても髪の表面温度は上がらずに せいぜい60〜70℃程度です。 髪がほぼ乾いた状態になってきて初めて 少しずつ表面温度が上昇していきます。 髪の傷みが生じ始めるのは毛髪表面温度が100度以上 になってからです。 冷たいものをフライパンで高温で熱してもなかなか 温度が上がらないのと同じ理屈です。 だから、このような時にトロ火で熱する人はいません。 完全に乾燥しきっている髪にドライヤーの 口を密着させて長時間、120度で使用しない 限り、ドライヤーの風の温度が髪のダメージ に直結する事はありません。 濡れ髪への低温モードでのドライでは、結局 髪に水分が残ったままで全体が乾いてしまいます。 料理でいうところの【生煮え】です。 厳密には湿気が残っているので 『 水素結合 』が不完全な ままでの乾燥状態となります。 結合がしっかりつながってないのでトップが倒れ 点在する水分が時間経過で全体に行き渡って 根元が潰れボリュームがなくなってしまいます。 ブローが上手くいかない人は大体こうなってます。 外気の湿度が高い季節にスタイルがまとまらなくなる のも同じで外の湿気を取り込み水素結合が乱される ために起こります。 このような水分の変動が起きない 安定した状態まで乾かして、初めて 『髪が乾いている』と言えます。 熱ごもりしないように全体に熱を回して しっかりと乾かすのが良いでしょう。 毛先に動きをつけたい方は最後にブラシを使うと よいでしょう。 本当に潤っている髪は、完全に水分を 飛ばしてもサラサラになるので普通に MAXの温風を使っても問題はありません。↓ こちらでご紹介している内容を全て 裏付けているのが当サイト内にある 画像や動画のお客様の髪の状態です。 低い温度にこだわることなくしっかり 距離を空けて熱を回して完全に 乾かしていますが支障が出る どころかツヤツヤになっています↓ :しっかり乾かすとバサバサになる・・ :ドライヤーを使うのがコワイ という方はすでに髪が傷んでしまっています。 ぜひ『 美還元トリートメント 』 をお試しください。 (美還元トリートメントの実例はココを) (美還元トリートメントの価格はココを)


(あなたに合う商品のご案内はココを!)

●LINE登録はコチラから↓
       友だち追加

ページのトップへ戻る
 

 
【Copyright(c)2007 ”Hair&make/プレザンス”All Right Reserved.】