髪質改善・美還元トリメン(早良区の美容室プレザンス)
 

トリートメントが効かない!
あなたの髪↓もしかして
こんな風になっていませんか?・・・・ 
↑単純にパーマやカラーの失敗の傷みではありません。  何のダメージなのか判断が重要になります。 これらの症状は・・・ エイジングのウネリ+化学ダメージ
が原因で起きています。 通常のトリートメントでは
この改善は出来ません!


エイジングで髪のうねりが強くなり スタイルのフォルムもぼやけて見えています。 クセ毛ではなくエイジングによる ウネリです。 エイジングによるウネリは、 毛髪内の2種のコルテックスが原因で 徐々に起きてくる特殊なものです。 クセ毛と違い、年齢とホルモンの変化なので 化学ダメージも重なるとバサバサです。 ウネリを取ろうと「矯正」系メニュー等をすると 逆にダメージが深刻になります。 これは複合的な特殊ダメージなので 特殊なトリートメント療法が必要です。 髪のウネリでツヤが損なわれ 『 見た目年齢 』も変えてしまう 現実があります 髪の流れがそろっていると、光源に対する反射光が 綺麗に並び、天使の輪のようなツヤが出ます。 うねった髪は反射光がそろわないため、くっきりした ツヤが見られず色もクリアではありません。


エイジングのウネリは
髪のバサバサ感を増大させます!
人間は濡れた物に触れて指の温度が低下すると 自動的にそれを『 潤い感 』と認識します。 毛束に指を通す際も、指の温度が下がるので 毛流れが揃っている髪は 指との接触面積が広くなり 指の温度がより低下します。 逆にうねりの多い髪は接触面積が狭いため あまり低下しません。 つまり髪表面が フラットで揃ってる髪  →  潤ってる
凸凹が多い髪     →  バサバサ
と人は認識してしまいます。 人はこれを無意識に何度も経験してるため ウネった広がった髪を見た瞬間に脳科学的に 『 あの人の髪はバサバサだ・・・ 』 と思ってしまうのです。 本当は、同じ湿度下では逆にダメージ毛の方が 水分が多いので見た目と実際の髪の水分量は 実は関係がありません。 にもかかわらず 潤っていない、乾いている・・・・ と、ネガティブなイメージを抱かれてしまうのです。 エイジング毛対策・・・
まだ間に合います!!

綺麗な髪の条件とは?・・・ 
参考にして画像・動画をご覧ください。

  なめらか         つややか 手触りがなめらか     1本1本の髪がツヤがある   流れが整って指通りが良い  髪の流れがそろっていて 動いて戻っても、      ツヤがある なめらかで流れが整いやすい  動いてもつややか しなやか 1本1本の髪が、弾力があってしなう 折れにくく、弓なりになる バネのような反発力があって元に戻る 髪全体が、なめらかに動く スムーズで柔らかく、流れるように動く


プレザンスの3種類のトリートメント療法 の3番目になります。 ・表面への油膜形成型 ・内部への水分補給型 ・化学的な内面変換型 こちらは水分と全てのバランスを整える ・化学的な内面変換型です。

↑この動画で美還元トリメンの
   髪の動きをご覧ください。
(美還元トリメンの質問はココを) (美還元トリトメンの実例はココを) (美還元トリメンの価格はココをクリック)


美還元トリートメントをすると
  髪はどうなるのでしょうか?!
  ↑エイジングで髪が広がり  クセが出てバサバサです。  傷みはもちろんですが  どうしていいかわかりません。 ↑美還元トリートメントが終わり  乾かす前の状態です。  すでに髪がキラキラしています。  セット剤・オイル等を一切付けずに  これからドライヤーで乾かします。  ↑ブラシを一切使わずに手だけで乾かし  乾燥後も何も付けない状態です。  このような状態に  髪が収まります。  毛先に向かって自然な  アールが付いています。 これを拡大した動画で見ると
  髪はどうなっているのでしょうか?!
  ↑この動画で髪の状態を
   よくご覧ください。
 油分は1滴もついていません。  動きを出したい方はセット剤を  この段階から付けて毛先を  自由に動かしてください。  動画、画像は拡大出来るように  していますのでスマホや  タブレットの方は髪表面の細部  もよくご覧下さい。 さらにもう一例をご紹介します。 
  ↑事前の状態はコレ 乾かしたものを動画で見ると・・ 
   上と同様で 『美還元・ツヤ感アップ・バージョン』です。  従来の美還元をさらにツヤ感アップさせた  新バージョンをリリースしました。  ※ツヤ感をどの辺に定めるかや、髪質別の   バリエを試作中です。   各種カラー等、他のシャイニーメニューにも   技術転用いたしました。  いつもの何も付けないドライのみの仕上がりです。
さらに色々なお客様の例を
  動画でよくご覧ください。
 
 
 施術例の動画1・ドライからの仕上がり



↑ 終了したらそのまま乾かします。
   
 こんな乾かし方で十分です。
  完全に乾くまで続けます。
 ブラシを使ったブローは不要です。
  手でこのように乾かせばOKです。




↑ 乾いてしまえば終了です。
 
 何も付けない仕上がりです。
 これで出来上がり!



 
 施術例の動画2・傷んで見える髪



↑ 施術前の状態です。

 かなり傷んで見える髪です。
 エイジングや乾燥が原因で
 実際には傷んでません。
 
 実際のコンディションが
 出るように施術します。





↑ 終了したら何も付けず手で乾かします。

 柔らかい質感に変換されました。
 完全に乾いてしまえば出来上がり。



 
 施術例の動画3・弱ダメージ毛



↑ 施術前の状態です。

 2週間前に他店で特殊トリートメント
 をしたばかりだそうです。
 複数回の施術が必要とのことですが途中で
 やめられたとのことです。
 1回目が終了後の状態です。






↑ 終了したら何も付けず手で乾かします。

 柔らかい質感に変換されました。
 この1回で完結となります。
 完全に乾いてしまえば出来上がり。



 
 施術例の動画4・強ダメージ毛




↑ 施術前の状態です。

 これまでの繰り返しのホームカラーや
 エイジングなどが重なって
 バサバサになっています。




↑ 終了したら何も付けず手で乾かします。

 ブラシで伸ばす必要はありません。
 完全に乾いたら出来上がり。


何とか綺麗にしたい・・・・
本当にお困りなら、まずは電話で
『 美還元トリートメント 』と
ご相談ください。 
エイジングによる髪のウネリの対処方法は、 クセ毛の対処方法とは変える必要があります。 実際の髪の損傷と、髪の見え方の問題の 両方を総合的に解決するためには 内面変換型のトリートメント療法が とても有効です。

:1回の施術で、その日には   綺麗な髪でお家に帰れます。 :仕上げは乾かすだけです。 :元々の髪質以上に扱いやすい髪質に変化した上に
   それが長期間持続します。
  (実証動画・画像・時系列参照)
(美還元トリートメントの実例はココ) :ありがちな『 複数回コース 』等ではありません。
   1度の施術で完結のメニューです。

※150分からのお時間をいただきます。  お時間の余裕をもってご予約下さい。


 
 トリートメントの持続性・実証動画


 
↑ 施術前の状態です!

 ホームカラーなどにより
 コンディションが悪くなってます。


 
↑この日の出来上がりの状態です!

  ドライヤーで適当に乾かして
  髪が乾いたら出来上がりです。
  ご希望によりトーンダウンカラーも行いました。

 傷んだ髪のバースト状態も収まってます



 
↑その3ケ月後(90日後)の状態です!

 来店直後のまだ何もしていない髪を
 撮影してあります。
  
 前回のトーンダウンカラーが時間経過で
 抜けてやや明るくはなってますが  
 元のダメージヘアに戻らないのが
 このメニューの最大の特徴です!



 
 トリートメントの持続性・実証画像




 ↑トリメン前の状態です。
 クセやエイジング毛によりスタイルの収まりが
 悪くなってます。




 ↑美還元トリメンをした日の仕上がりです。
 同日でカラーリング・グレージングをしています。
 仕上がりに影響は全くありません。

   
 ↓それから50日後の状態 





 ↑50日後・来店時の状態です。
 なにも触らず、来られたそのままを
 撮影しています。

   
 ↓90日後の状態 





 ↑90日後・来店時の状態です。
 なにも触らず、来られたお客様の
 そのままを撮影しています。
 持続性がイメージできると思います。


  




 



  
 ↑トリメン前の状態です。  こちらの方はパーマ、カラー、クセ、エイジング毛  などにより収まりが悪くなりバサバサです。  ↑美還元トリトメンをした日の仕上がりです。  パーマ部分が毛先に残るようカットもしています。  同日でカラーリングしましたが影響はありません。      ↓110日後の状態  ↑そのまま110日後・来店時の状態です。  なにも触らず、来られたお客様の  状態を撮影しています。  110日経過なので白髪も伸び、カラーも  褪色しています。  途中は一度も何も施術もしてません。  トリメンの劣化はこの程度です。  持続性がイメージできると思います。 (美還元トリトメンの質問はココを) (美還元トリトメンの実例はココを) (美還元トリトメンの価格はココをクリック)
ページのトップへ戻る

 
【Copyright(c)2007 ”Hair&make/プレザンス”All Right Reserved.】