ヘアケアQ&A(早良区の美容室プレザンス) 


あなたの聞きたかった事がここではきっと見つかります!!
  


■ヘアケアQ&A■

: どうして髪は傷むのですか?? A: 毎日の生活の中に、髪が傷む原因は沢山ひそんでいます。 例えば、間違ったやり方でドライヤーやヘアアイロンなど 髪に熱を加えることは、髪の表面を覆っているキューティクルを はがれやすく枝毛や切れ毛の原因になりやすくなります。 プロのアドバイスに従った正しいやり方が重要です。 キューティクルとは通常4〜8枚で覆われていますが、 それらがはがれてくると毛髪の中に入っている毛髪細胞間物質が 流れ出てしまうため、結果毛髪の強度が弱くなり傷みの 原因になります。 だからこそ、日ごろからの継続的なケアで、 ダメージを防ぐことが大切です。 :髪のダメージが気になります。どうすれば良いですか?? A: 一番良い方法は、サロンスタッフによるカウンセリングを 受けていただくことです。 プロの目から髪のダメージ具合を見てもらい、その状態に一番あった メニューを組んでもらうことです。 そして最も効果的なダメージ専用のケア施術を受けることです。 日常のダメージケアであれば、弱くなってしまった毛髪を 補強する効果のあるものを相談してみてください。 一番の基礎となるシャンプー、トリートメントなども大切です。 :髪の乾燥とは何ですか? A: パサつき、ごわつき、ざらつき、手触りの悪さ、広がり・・・ これらは乾燥毛の代表的な症状であり、共通点として、 髪1本1本を守っているキューティクルの状態によって 引き起こされます。 キューティクルは髪の内部や水分を守るだけではなく、 「やわらかさ」や「なめらかさ」など美髪に必要な成分を 持ち合わせています。キューティクルが傷んで、 これらの成分が失われると髪の乾燥を引き起こします。 :乾燥毛とダメージ毛は違うのですか? A: 乾燥毛は、パサつきや広がりなどが気になる状態をいいます。 一方、ダメージ毛は、切れ毛・枝毛が目立つ、弾力を失う等の 症状があり、乾燥している髪の状態とは違うことがわかります。 双方とも毛髪の傷みですが、毛髪の異なった箇所に見られる 傷みなのでそれぞれの症状に合ったヘアケアが必要です。 :雨の日・湿気の多い日だと髪が広がるのはなぜ? A: 外気に湿気が多くなると毛髪内部の水分量が増え、 髪が膨らみ全体的に広がりやすくなります。 雨の日、じめじめした日はお出かけ前にはしっかりと ブローされることをおすすめします。 特に、髪の広がりをおさえるためには、 髪の水分バランスをコントロールして、 くせが出にくい状態をキープすることが大事です。 :ツヤのある髪とない髪の違いは何ですか? A: 髪にツヤある女性は美しい。カラーをされている髪において、 とても大切なことは髪のツヤを守ることです。 ツヤがあれば、色が多少落ちてきてしまっても 髪が自然とキレイに見えるものです。 髪のツヤ感は「いい女度」と比例するとよく言われます。 だからこそ日々お手入れがスキンケア同様に大切ですし 髪ツヤもケアをしてワンランク上の艶やかな女性を 目指していただきたいです。 表面が整っている鏡は光を綺麗に反射させますが、 割れている鏡は光を乱反射させてしまいます。 髪の表面も同じことでキューティクルが整っている 毛髪表面からは綺麗なツヤと輝きが自然と生まれます。 :時間とともにカラーが退色していくのはなぜですか? A: 残念ながらカラーは永久ではありません。 だからこそ、美容室に行ってカラー施術を受ける楽しみ、 ご自身の髪の色を変えてお洒落をする楽しみもあるのでは ないでしょうか。 実は、キューティクルが乱れていると(ダメージなどで)、 せっかくのカラーヘアが褪せて見えてしまうこともあります。 :髪にカラーリングをしていますが、   効果的なヘアケア方法はありますか? A: 髪の色を変えることは今やファッションの一部ですが そんなカラーリングを繰り返し行うことで受けるダメージも 放っておくと深刻化していきます。 だからこそ、毎日のしっかりしたケアでダメージに 備えることが大切です。 カラーヘアにツヤや潤いを与えたい、美しく演出させたい等 理想の髪質へ導くためにプロのスタッフに相談されることを おすすめします。 毎日のケアとは別に、サロンエステで ダメージ集中ケアをするなど、カラーヘアをより楽しんで いただけるようにお気軽にプロのサロンスタッフに 相談されることをおすすめします。
【Copyright(c)2007 ”Hair&make/プレザンス”All Right Reserved.】